リボンの騎士プロジェクト

リボンの騎士手塚治虫が宝塚歌劇の影響を受けて描いたと言われる少女マンガの名作「リボンの騎士」。 そこには、全国的な知名度を誇る宝塚市の二つの顔、「歌劇」と「手塚治虫」がひとつになって表れています。
宝塚市では、その主人公サファイアをイメージシンボルとして活用し、「夢を育むまち宝塚」の魅力のアピールを進めています。
ぜひ、ご注目ください!


観光大使サファイア

観光大使サファイアが宝塚市のPRに活躍中!

手塚治虫記念館が開館 15周年を迎えた2009(平成 21)年4月25日。『リボンの騎士』 の主人公サファイアが宝塚市に住民として転入。そして、観光大使サファイアが活動 を始めました。今期は、岡村美旺(おかむら みおう)さんと永石彩音(ながいし あやね)さんの2名が、宝塚の観光PRに活躍中です。 宝塚市観光大使・サファイア 紹介ページ
活動の様子は公式ブログで!

手塚治虫記念館

世界に広くファンを持つマンガ家・手塚治虫。彼は5歳から24歳までの多感な青春時代を宝塚で過ごしました。手塚治虫記念館は、宝塚の街で育まれた手塚治虫の精神である「自然への愛と生命の尊さ」を基本テーマに、手塚治虫のすべてが満喫できるミュージアムです。皆さんもぜひ、ここで手塚治虫の世界を見て、触れて、感じて、楽しんでください。


手塚治虫記念館

■所在:宝塚市武庫川町7-65
■時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
■休日:水曜日(祝日・春・夏休みは開館)
■交通:阪急・JR宝塚駅より徒歩約10分、阪急宝塚南口駅より徒歩5分
■料金:大人700円、中高生300円、小学生100円
■お問合わせ:宝塚市立手塚治虫記念館 TEL:0797-81-2970


「手塚治虫のたからづかワンダーマップ」を配布中!

リボンの騎士手塚治虫が少年時代をすごしたまち宝塚。そんな思い出の地を紹介したマップです。
手塚治虫記念館の来館者に限定で、無料配布中です(お一人様1枚限り)。